FC2ブログ

(その1)2017年、ジャンクノートパソコンにWindows98SEを入れてみる。

前回のIBM aptiva修理で私の中のスイッチが入ってしまいまして。

うちにはWindows95・98時代に買ったゲームが未プレイのまま結構多く積んであります。

そう、2017年の今、急にWindows98(但しsecond edition,通称Windows98SEの方ね)熱が高まってしまいまして。

…てなところにこれを見つけて思わず買ってきてしまいました。



Panasonicのノートパソコン「人(HITO)」シリーズのCF-X10Rという機種です。

現在でも人気の「Let's Note」シリーズが出る前の機種で、トラックボールを装備してるのが特徴です。この時期流行ったAV機能を前面に押し出したノートパソコンですが、人気はあまり無かったようですね。パソコンを立ち上げなくてもCDプレーヤーとして使える、などの機能が内蔵されてます。

スペックはPentiumⅢ850MHz,メモリ128MB,HDD30GB,DVDスーパーマルチドライブ,14.1インチTFT液晶(最大1024×768),LAN100Mbps,OS無しといったところ。

元はWindowsXP機ですが、XPの出始めの機種なのでCPUがまだPentium4では無くWindows98世代のPentiumⅢです。当時のノートパソコンとしては画面も大きいし、これにWindows98SEを入れてみようと思います。

ちなみにパソコン工房で保証無しのジャンク扱いの中古で見つけました。1,980円が中古の日で更に10%引きでした(^^;。付属品はACアダプタのみ。リカバリディスクなどは無し。さて、良い買い物だったんでしょうか?。


Windows98の時代はOSに組み込まれているデバイスドライバは少なく、また当時はネットから自動でインストールするという機能も無かったので、2017年の今、XP以降の新しい世代のマシンにWindows98SEを組み込もうとするとドライバを探すのに苦労します。メーカーのHPでは公開が終わってたり、ネットのどこを探してもドライバが見つからなかったり、そもそもそのデバイス用のWindows98SE用ドライバ自体が存在しなかったり…等々。最悪手が詰んでしまって諦める、という結果もあり得ます。

まずは仕様を調べて、その後とりあえずWindows98SEをインストールしてみます。まずたいていの場合、画面は640×480で音も出ません。デバイスマネージャーで見ると「黄色のエクスクラメーションマーク」や「不明なデバイス」と表示されてるものがいっぱい表示されてます。

ここから、カタログのスペック表から当たりを付けたり、レジストリを調べて「不明なデバイス」と表示されてるデバイスのベンダーID(メーカーのID)とデバイスID(デバイス毎の識別番号)から何のデバイスかを特定していく作業になります。

デバイスがある程度判明したらネット上をくまなく探してそのデバイス用の、あるいは類似製品でそのデバイスに使えそうなドライバをとにかく探してきます。そして総当たり戦でそのドライバで問題無く動くかどうかを確かめていくわけです。

これがもう実際楽しくも大変な作業で、やっとネット上で見つけたと思っても怪しいダウンロードサイトだったり、ドライバがフェイクだったりウイルス入りだったり、どんなに探してもWindows98SE用のドライバが見つからなかったり、そもそもそのデバイスがWindows98SEに対応してないのでドライバ自体が存在しなかったり…。

ということで私自身の備忘録も兼ねて、このCF-X10Rノートて使えるWindows98用ドライバを記録しておきます。2017年10月現在ネット上にありますが、場所はすみませんがご自分で見つけて下さい。

そもそもこの情報が今地球上の何人の人に役立つのか怪しいのだけれど(笑)

******************************

【ビデオドライバ】 ATI Rage Mobility PM agp×2 (RAGE MOBILITY-MI AGP(English))

【サウンドドライバ】 ESS Arego

【LANドライバ】 ATI 98376.exe(Realtek RTL8139NIC)

******************************

とりあえずこれだけ入れればゲーム等普通の用途には困らないと思います。

それ以外のデバイスのドライバはどうやらWindows98SE用は作られて無い様です。


それでは今度は改めてきちんとWindows98SEをインストールしていきます。

その前に増設用のメモリスロットが空いているので折角ですからメモリを上限の256MBに増設します。

ハードオフで128MB DDR200 144ピンDIMM PC-100のメモリをジャンクで探して買ってきました(300円)。

無事認識してメモリが256MBになりました。


HDDの領域作成はWindows98起動ディスクの中のFDISKを使いますが、標準状態のFDISKは32GB以上の大容量HDDに対応してないのでマイクロソフトのサイトからFDISKのパッチをダウンロードして適用しておいた方が良いと思います。

FDISKで領域を作成。

懐かしいWindows98SEのインストール画面。Windows98SEのクリーンインストールは15年くらいぶりなのでいろいろと思い出しながらの作業です。


このインストール中に出てくる新機能の説明、今改めて読み返すと「これは結局この時は夢物語の域を出なかったなぁ」などとヘンに感慨深くなったりして。


Winsows98SEのインストール無事終了。


一つ一つドライバをインストールしていきます。いちいち「Windows98SEのCDをセットして下さい」と言ってくるので、ドライバファイルをデスクトップに全部コピーしておいて、ドライブにはWindows98SEのCDを入れっぱなしにしてインストールしていった方がヘンなエラーが出なくて良いです。特にWindows98SEの場合、LANドライバを入れるときに失敗するとWindowsの起動時に毎回文字化けや「VXDファイルが見つからない」などのエラーを吐いて止まりますので、再度Windows98SEのインストールからやり直さなければいけなくなってしまいます。

その後、Windows98SEの重要な更新を入れていきます。もう今はWindows98SEのオンラインアップデートは機能していませんので、オフラインで出来るようにこの辺を纏めたサイトがありますのでググってみてください。インターネットエクスプローラ5.5SP2,DirectX9.0b,Windows インストーラ 2.0を入れた後に重要な更新を適用していきます。

(といっても今現在Windows98SEマシンをネットに繋ぐことは自殺行為ですので、IEのインストールはあくまで手順であって、マシンはネットから切り離したスタンドアローンで使用することは大前提ですのでそのへんよろしくお願いします)


無事インストールが終了しました。これで1024×768の解像度、サウンドの出力、LANが使用できます。


もう記憶がうろ覚えなのですが、Windows98SE時代はまだUSBがバージョン1.1で安定しておらず、大して使えなかったと思っていたのですが、今回やってみて驚いた事が2つ。


一つは今時の3ボタンの有線光学マウスを認識したこと。(ワイヤレスは当然ドライバが無いので無理ですが)

もう一つは、「果たして認識するかな~?」と繋いでみた月刊STEREO誌の2013年1月号の付録であったUSB-DAC「LUXMAN LXU-OT2」を繋いでみたら何とOSの標準ドライバで認識したこと。もしかしてWindows98SEってこの時点で「USB Audio Class 2.0」に対応していたのか?。いや、バカにしてすまんかった。とりあえずハイレゾではないけれどPCM2704を使ったLXU-OT2は少なくとも認識したと言う事で。…ということは最悪PCのサウンドドライバが見つからなかったとしてもUSB-DAC経由で音が出せると言う事。いや、素晴らしい。

ということでせっかくインストールしたのでゲームを入れてみます。純愛モノとはいえ、いわゆる「エロゲー」ですけど。オーガストの名作「夜明け前より瑠璃色な」です。このストーリー結構好きだったんですよね。


無事インストール完了。プレイも問題なし。…まぁもっともこのゲーム、「Windows98SE~WindowsXp対応」なんで別にXPマシンで動くんだけどね(爆)まあそこをWindows98SEでやるところに意味があるんだと(笑)きっとそうだと。


ということで快適動作のWindows98SEノートパソコンが出来ました。ちょいとゲームでも…という時に使おうと思います。この当時にしては結構液晶も綺麗だし、PentiumⅢ850MHzはWindows98SEを動かすには不足無しです。

皆さんもひとつどうですか?。もっともこの機種、オークションでもまず見ないほどの売れなかったマシンですので入手する方が大変かと(^^;。

まあレアっちゃぁ聞こえがいいけどさ(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

缶コーラ

Author:缶コーラ
山口県在住。ローカルなネタを含めて
何でもアリで書いていきたいと思います。

リンク
マイマイ新子と千年の魔法公式サイト
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
検索フォーム
メールフォーム
管理者宛メールはこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ようこそ
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索