FC2ブログ

山口ゆめ花博に夜景を撮りに(ラジオ「中四国ライブネット」にも会った)行った。


2018年10月14日の日曜日。11月4日まで開催中の「山口ゆめ花博」に行って来ました。
「ゆめ花博は夜9時までやっていて夜はライトアップされるそうだから夜景を撮りに行ってみよう」というのが目的です。
花一つ一つを撮ると言うよりせっかく東京ドーム何個分もの広い公園が花いっぱいなのでその光景を撮りたいなと思いまして。
9月23日にKRY山口放送ラジオ「なりカル!」の収録の時に一度来たのですが、昼間はもの凄く人が多くて花より人が多いんじゃないかという状況だったのでだったら夜来てみようという訳です。ということで重い三脚担いで来たのですが…。土曜は夜と言えども人が多いだろうけど、日曜なら翌日のことを考えてそんなに夜は人が多くないかもなと思って来たらとんでも無かった。もの凄い人でした(この日は7万人くらい入ったらしい)。


この日は中四国のAMラジオ局8局がブロックネットで放送している「中四国ライブネット」という番組の放送日で、今回の制作局はKRY山口放送なので、この花博会場から生中継リポートがあるというのは事前に知っており、担当は中村衣里アナウンサーと「なりカル!」のディレクターでおなじみのディレクター「はなちゃん」だということでしたが、ラジオも持ってきてないし、なによりこの広さ、この人混みで見つけられるはず無いだろうと思っていたら、なんと午後4時に入場して(午後4時からは夜間割引料金)いきなりはなちゃんに会ってしまいましてなんだか笑ってしまいました。中継前でお忙しいので軽く挨拶をして撮影に。
何枚か花の写真を載せます。夜景狙いだったので85mmまでしか持って行って無かったのですが、広い範囲に群生して植えてあるので1輪1輪に近づくことが出来ないのであまり良い写真撮れなかったです。この辺はまた装備見直してリベンジ撮影に来ようと思います。



徐々に暗くなってくると照明が点灯し始めます。全体を強烈なライトで照らすのでは無く、所々スポットがポツポツと配置されています。電球照明とLEDのスポットライトによる照明が主です。




所々に休憩スペースが設けてあって徐々に表情が変わっていく会場をゆっくり眺めるのもいいかと思います。




スポットライトで暗闇に浮かんでいる花々は昼間以上に陰影が付いてまた違った表情に見えます。








すっかり暗くなってくると会場全体が浮かび上がってなんとも良い感じになります。デートスポットとしても良いかも。


ドームから海岸側は色が次々に変わっていく照明で照らされています。


これは色が次々に変わる照明が施された浮き輪を身につけてのパレード。低速シャッターで。子供たちが非日常の光景にとても楽しそうです。もちろん大人の参加もOK。



正面ゲート真正面の直線通路には山口県の各市町村の紹介プレートが。


プレートの裏には各市町村の花を假屋崎省吾さんがイメージして作られた花の写真が載ってます。


この広大な花いっぱいの公園を綺麗に夜景に収めようというのもなかなか難しいです。あまり納得がいかなかったのでまた撮影プラン考えてもう一度撮りに来てみようと思います。







放送終了後の「中四国ライブネット」中継班に再度遭遇。中村衣里アナウンサーに写真を撮らせていただきました。KRYラジオ土曜夕方4時からの「ラジKING GOLD」で大喜利の「すまいる大学校」の校長として全国にファンが多数いらっしゃいます。
今回の中四国ライブネットは山口放送の他、中四国のAMラジオ局8局の「radikoタイムフリー」で10月21日まで聴けますのでぜひどうぞ。


場所は会場内の足湯のコーナー。毎日山口市の湯田温泉からお湯を運んでいるそうです。ゆめ花博は花だけで無くこういう「花より団子?w」的ないろいろ楽しめるスポットもありますので、昼間だけで無く夜に行かれるのもオススメですよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

缶コーラ

Author:缶コーラ
山口県在住。ローカルなネタを含めて
何でもアリで書いていきたいと思います。

リンク
マイマイ新子と千年の魔法公式サイト
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
検索フォーム
メールフォーム
管理者宛メールはこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ようこそ
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索